第14回ショパン国際コンクールで優勝したユンディ・リ(李雲廸)発見!

ユンディ アイキャッチ ショパンコンクール

香港おうち満喫ライフ - にほんブログ村

↓ショパンコンクール関連記事のリスト

李云迪演奏绝妙钢琴曲令全场沉醉!李云迪迷弟汪苏泷圆梦为偶像李云迪现场献唱!《你好生活家2》EP12 花絮 20181216 [浙江卫视官方HD]

最近全然見かけなくなったユンディがテレビのトークショーに出てるのをYouTubeで発見!といっても私の発見が遅すぎて番組は2018年12月のよう。

なんか、わたしのヨチヨチ北京語でもうっすら、うっすーーくわかるかも!字幕もわかる!

ユンディ、やっぱりスーパーピアニストから芸能人になってしまったのか。。番組でピアノほとんど弾いてないし。

ユンディ・リ – ショパンコンペ優勝からの変遷

2000年第14回のショパン国際ピアノコンクールで見事優勝したユンディ。

その前2回の大会は該当者ナシだったから、15年ぶりに優勝者出た!って大騒ぎだったんだけど、そーゆう快挙なユンディはもう戻ってこないのでしょうか〜。

5年に一度ワルシャワで開かれるショパンコンクールって、ピアノコンペの中では、最高峰の権威を誇ってて、ここで優勝するのはホントに大変です!(他が簡単という意味ではありません、決して)

だって選曲はショパン一本。何選んだってあまりに有名な曲なわけだから審査員もそれ以外の人も、世界中がすみずみまで知ってる。逃げも隠れもできない、なんなら前回の優勝者が今回のスタートレベルです、くらいな。。

1985年のスタニスラフ・ブーニン以来初の一位(その間は該当者ナシ)。コンクール史上最年少の18歳で待望の初中国人。もう世界中でブレイクするしかないに決まってます!

中国のキムタクとか言われて当時は日本でもひっぱりだこでした

2010年ユンディリのコンサートチラシ
2010年だいぶがんばってる
2010ユンディリコンサート用チラシ
2010年これもすごくがんばってる

優勝の後はドイツに留学してしばらく修業にいそしんでたんだけど、そしてその頃の演奏は本当に素晴らしかったんだけど。。

突然社会人デビューみたいになったからか、ピアノじゃない事で忙しくしてた時期もあった。。

当時ユンディは譜読み(細かいことはさておき曲がだいたい弾けるようになるかんじ、ですか)が遅いと言われてて(ようは取り掛かってないんだと思うけど)コンサートのプログラムもなかなか決まらない。当日になって曲が変更になった事もあったな〜。

演奏中のミスも多く、コンサートのレビューは批判ばっかり。。

2014年の香港コロシアムでのコンサートに行った時はマイケルジャクソンみたいな衣装で、会場ではペンライトとか光ってて、弾いてる曲こそクラシックだったけど、その空間は完全に芸能人アイドルのノリ。。ランランは昔ここで花火打ち上げてたんだけど

でもほとんどの演奏は良かった、と当時の私がレビューしてます(失礼)

頂き物のチケットだったし、その頃のユンディは評判もさんざんで期待値が低かったからかもだけど。でもすっごく沢山の曲を弾いて頑張ってたの思い出します。ユンディの音はホントにキラキラしてるから〜

実はユンディは2015年ショパンコンクールで史上最年少審査員に選ばれて。だからちょうどその前で、気合入ってたときだったのではないかと思います。

しかしっ、ユンディは反省しないのだ。

せっかく世界が「やっぱユンディさすがなのか?」って思ってきたところだったのに、審査員になっても5年に一度しかないコンクールを3日間も欠席してブーイング。その理由がまた「友達の結婚式でピアノ弾くからー」って超プライベートな事と分かってさらにブーイング!

ゴシップばっかりのアーティストになっちゃって、でも最近ではそのゴシップすらあんま聞かないからなんか寂しい。

留学経験もなく家にこもってピアノばかり弾いていた素朴少年がいきなり名声!になって「キムタク」って言われたらあそんでしまうのもムリないのかな。

よく考えれば、優勝以前の留学経験がないのにショパンコンクールで優勝するってスゴすぎ。中国の人材の層の厚さを感じます。

どんな経験もムダにならないのが芸術だから、そろそろまたピアノと向き合って若い頃とは違った素敵な演奏でもしてほしいけど。。

ユンディ動画「ショパン スケルツォ No.2 Op.31」

ショパンコンペのユンディといえばやっぱり「スケルツォの2番」かな↓↓ ステキ

↓音楽記事まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました