海外でピアノと引越し〜ピアノの引越し料金、倉庫保管料、運び方など

ピアノ引越し表紙 音楽・ピアノ・アート

香港おうち満喫ライフ - にほんブログ村

日本だったらピアノ業者さんが丁寧に運んでくれそうだけど、海外で引越すときに大切な楽器をちゃんと扱ってくれるか不安〜!最初のときは心配で「どんなふうに運ぶんだろう」とピアノが運ばれている姿の写真をいろいろ探したりしたものです。

香港内で何度も引越しているわたしですが。今回また引越して、ピアノも家具と一緒に運んでもらいました。せっかくなのでその様子をメモしておきます。

アップライトピアノの引越し

ピアノを布で包んでラップで巻きます。縦にして台車に乗せて移動。これを一人であっという間にやってしまうからスゴイ!写真はトラックに積んでるところ。これから新しいアパートに移動です。

ピアノ引越し13

エレベーターを使って新しいアパートに到着!今見えてるのはピアノの背面

ピアノ引越し12

横にする時は二人で

ピアノ引越し11

布やラップを取ったら台車に乗せて位置を決めます。最後にこの台車を蹴り出して終了

ピアノ引越し10

グランドピアノの引越し

前回も今回も5人のチームで来てくれました。まず上↑のアップライトを入れて、次に家具、最後にこのグランドを搬入します。

アップライトピアノ同様布で包んでラップで巻いています。エレベーターに入らないので引越し屋さんが担いで階段で運んでくれます。↓下の階に到着したみたい。上からパチリ。あの棒を肩で担ぐらしい。。

ピアノ引越し9

重さ約350kg。カッコ良すぎ。。

ピアノ引越し8

部屋に入った〜!

ピアノ引越し7

ピアノの最後の足を取り付けているところ。見えないけどピアノの下で一人作業してる

ピアノ引越し2

ラップを取って、手前に立てかかっている蓋を取り付けます

ピアノ引越し3

できました〜!写真に収まらなくて後ろから撮ったけど、部屋にはなんとか収まった!ピアノの下に敷いてあるピアノの形をした絨毯は防音絨毯です

ピアノ引越し5

ピアノ引越し料金

香港はなんでもすぐ値上がりするし、引越し料金も毎回上がってます!でも参考のため今回の値段をメモしておきます (HKD1≒14.5円)

グランドピアノ

グランドピアノは事情があって倉庫に保管していたので倉庫から新しいアパートまで運んだ料金です。

運搬料金 HKD3600

グランドピアノ階段料金 1階につきHKD800(16段を1階と数える)

アップライトピアノ

実はアップライトピアノだけの引越しをしたことが無いので料金がわかりません。すみません〜

重いかもしれないけど、サイズはソファやベッドのマットレスより小さいので、運搬の際たいていのエレベーターを利用できます。それが理由か分からないけど、いつも家具の見積もりの中に含まれているんです。だからピアノだけを運ぶときの料金は分かりません。(グランドピアノは別に項目を設けて見積もりしてあります)

倉庫で保管

グランドピアノは今回のフラットに来る前は倉庫に保管していました。倉庫に到着したら保管されているようすを写真で送ってくれます。ピアノの横にあるダンボール箱にペダルやインシュレーター、ピアノ用ヒーターなどが入ってます。保管中に「インシュレーターの1つくらい無くなるかも」って勝手に想像してたけど。。全てきちんと保管されてました(スミマセン)。因みにピアノはクーラーのある楽器専用の倉庫での保管です。

ピアノ引越し1

倉庫の保管料金

こちらも参考までに、ということで。ピアノの他に本棚やテーブルを一緒に保管してたのですが、全部で

倉庫保管料 

  • 縦:HKD1600/月 ↑写真の状態
  • 横:HKD2000/月 演奏する時の足がついた普通の状態

でした。家具は冷房のない別の倉庫での保管になります。

倉庫見学

ピアノの保管は初めてだったので、事前に倉庫見学をお願いしたらすぐにアレンジしてくれました。ピアノ用のエアコンの入った倉庫と家具用の普通の倉庫、両方見学して問題なかったのでお願いしました。

引越し屋さん

わたしがいつもお願いしている引越し屋さんのサイトです。倉庫も同じ会社です。

→ Canaan Moving Co Ltd.

ピアノと一緒に引越しできる引越し屋さんを探していたとき、このCanaan Movingは香港でメジャーな楽器店のピアノの運搬もしていると聞きました。他の引越し屋さんにお願いしても、ピアノの部分はCanaan Movingに委託したりする場合もあるって話も聞きました。ずっと前の話なので現在のことはわかりません。でもピアノを解体、運搬、組み立てしてくれる皆さんは専門の知識があるのは確かです。

ただローカルなので日本のようなきめ細かいサービスはありません。保険も自分で入らないといけません。その辺りは利用する方の判断だと思います。

↓音楽関連の記事はこちら

↓もっと香港!

コメント

タイトルとURLをコピーしました