香港から隔離ナシでシンガポールに行ける!でもトラベルバブルは破談

トラベルバブル8月21日 コロナ・ワクチン・日本領事館からのお知らせ

香港おうち満喫ライフ - にほんブログ村

表紙写真:TheStraitsTimes

↓2020年から話合いを続けて「スタートが決まっては延期」を繰り返してきた香港とシンガポールのエア・トラベルバブル。今度こそはって思ったけど‥

残念ながら、破談になってしまいました〜〜!

エア・トラベルバブルの話合いはもうしない

最初の頃は香港とシンガポールの防疫措置はzero-infection strategyコロナ感染をゼロにするって同じ考え方のはずだったけど‥。長引くコロナ世の中。変異種も次々だし。お互いのコロナ対策にずれが出てきてしまいました。

news.gov.hkのHong Kong and Singapore decide not to further pursue bilateral Air Travel Bubbleによると

最近シンガポールが新しい戦略”COVID-resilient” nation−コロナから回復する国造りを目指していることから、ゼロ感染を目指す香港とコロナに対する戦略が対照的だということで。。8月19日、政府は香港・シンガポール間のエアトラベルバブルについて今後話し合わないことを発表しました。

これからはそれぞれの入境措置の元で双方の旅行者の移動の促進を続けていくことになり、お互いの関係を続けるための対話は維持していくそうです。

シンガポールには隔離無しで入国できる

The Straits TimesのSingapore, Hong Kong scrap travel bubble due to different Covid-19 strategiesによると

シンガポール政府は「8月20日11:59pmより香港からの旅行者を隔離無しで受け入れる」と発表。これに対し香港政府は「両国際都市が旅行を再開する一歩」として歓迎しています。

シンガポールへの渡航者は到着時に一度PCR検査を受けるだけ。陰性ならそれぞれの活動が許可されます。

シンガポールから香港への入境は隔離14日以上

香港居住者でも非居住者でも、シンガポールから香港に入るには定められた隔離や検査が必要です。

シンガポールは日本と同じ中リスク国でグループBに属します。ってことはワクチン接種が完了していれば隔離は14日間になります。

↓こちらの記事で防疫措置や入境制限を確認できます。

まとめ

エア・トラベルバブルは残念な結果になってしまったけど、シンガポールに隔離無しで行けることについては歓迎の声も多いようです。

移動は楽になるけど、これだけデルタ株が蔓延している時に感染のリスクはどうするのか。どの国も経済とのバランスを考えての対策が大変。世界中が初めてだから、緩和したり厳しくしたりを繰り返しながら手探りで進んでいくしかないですね。

↓コロナ、ワクチン関連記事

↓もっと香港!

コメント

タイトルとURLをコピーしました