[NBA] 日本人初!ニックス サマーリーグのヘッドコーチ吉本泰輔って

NYKサマー吉本 NBA

香港おうち満喫ライフ - にほんブログ村

吉本コーチ、サマーリーグお疲れさまでした!今回の成績は6試合で4勝2敗!パチパチパチ〜

↓ニックスサマーリーグの試合ブログ

わたし的にはかつて無いくらい、ハイレベルワクワクすぎたニックスサマーリーグだったんだけど!これもコーチのおかげ〜

ってことで今日は、わくわくサマーリーグ記念!吉本コーチについてまとめます〜

吉本泰輔 Dice Yoshimoto プロフィール

NYKサマー吉本
NBA League Pass

Wikipedia 吉本泰輔を参考にしてます

吉本 泰輔 よしもと だいすけ

米国での通称はDaisuke Dice Yoshimoto

  • 1981年5月23日生まれ
  • 大阪府東大阪市出身
  • 19歳で渡米
  • 米国フォーダム大学院(Fordham University)卒業
  • ニューヨーク・ニックスHCトム・ティボドーのヘッドコーチ補佐

キャリア

こちらもWikipediaからですが。。

2001-02、2002-03シーズンをNew Hampshire Technical Institute(ニューハンプシャー工科大)にてPG(ポイントガード)としてプレイし、NCAA Div.ⅢのGreat Northeast Athletic Conference(GNAC)に所属するジョンソン&ウェールズ大(Johnson & Wales University)スポーツ経営学科に編入。2003-04、2004-05シーズンをプレイし、大学3年時にはNCAAトーナメント(Div.III)に出場。チームの主将も務めた。同校で1年間アシスタントコーチを務めた後、NCAA Div.Iのフォーダム大学院(Fordham University)にて教育学を専攻し、バスケットボールチームのマネージャーとして従事する傍らコーチングを学ぶ。 

Wikipedia 吉本泰輔

ここからは簡単にまとめてます

  • 2008年:ニュージャージー・ネッツの関連会社HOOP1に就職。ビデオレコーディング(ビデオ分析)を学ぶ。
  • 2011年7~9月: バスケットボールウクライナ代表の専属ビデオコーディネーターに就任 監督:マイク・フラテロ Mike Fratello。ロンドンオリンピックヨーロッパ予選(2012年)に同行。
  • 2011年10月:シカゴ・ブルズでアシスタントビデオコーディネーターに就任(日本人初)。 監督:トム・ティボドー Tom Thibodeau
  • 2012年10月:シカゴ・ブルズでビデオコーディネーターに昇進。
  • 2015年7月:デンバー・ナゲッツでビデオコーディネーターとして契約。監督:マイケル・マローン Michael Malone
  • 2016年6月:ミネソタ・ティンバーウルブスでスペシャル・アシスタントSpecial Assistant to the President of Basketball Operationsに就任。監督兼プレジデント:トム・ティボドー
  • 2018年9月:ミネソタ・ティンバーウルブスでスペシャル・アシスタントに加え選手育成コーチ Player Development Coachに就任。
  • 2019年8月:ジョージア大学(University of Georgia)でDirector of Basketball Strategy & Videoに就任
  • 2020年8月:ニューヨーク・ニックスでヘッドコーチ補佐 Assistant to Head Coachに就任。監督:トム・ティボドー
  • 2021年8月:NBAサマーリーグで、ニューヨーク・ニックスのヘッドコーチに就任。(日本人初)

吉本コーチがアメリカでも記事になった!

日本人の吉本ヘッドコーチ補佐が、サマーリーグでニックスのヘッドコーチを努めたことが日本で取り上げられているようだし、詳しく書かれた記事ばかりだと思うけど。。アメリカで注目されて英語で記事が出るのもやっぱり嬉しい&どんなふうに報道されてるのかやっぱり気になる〜!から記念にリンクを残しておきます

NYKサマー6−3
NBA League Pass

いつも読んでるニューヨーク・ポストのマーク・バーマンが

 Dice Yoshimoto forged his own path to Knicks summer league coaching position as of August 14, 2021

って記事書いてくれたよ。ありがと〜!

見てみます↓

ニックスサマーリーグコーチ、ダイス・ヨシモトは日本語が母国語で英語は第2ヶ国語だけれど、バスケに関しては日本語の質問には答えません。ラスベガスでの試合後インタビューに、さまざまな日本人記者が立ち寄ったけれど、情報筋によると専門用語のこともあり、ヨシモトはバスケについては英語で話すほうが快適だと言う。

ジョンソン&ウェールズ大ではディビジョンIIIのバスケをしながらスポーツ経営学のディグリーを取得、そしてフォーダム大学院では教育学のマスターを取得。その後、2008年にネッツにジョインすることから始まった彼の経歴は、必ずしもNBAへの普通の道のりとはいえないだろう。

ティボドーがシカゴでコーチをしている時から、ビデオコーディネーターとして彼の右腕を努めてきたヨシモト。意外にも先週末ニックスのサマーリーグコーチに指名された。やった〜 ヨシモトはNBAで数少ないアジア人コーチで有るため、多様性を示す機会となった。

ティボドーに近い筋の情報では、ヨシモトは何でもこなせる「万能スタッフ」として長年にわたりあらゆる面でティブスを助けて来た。

って記事だけど。

途中、「Yoshimoto, ‥ was surprisingly named the Knicks’ summer league coach」って書いてあるから、コーチに指名されたことはやっぱりちょっとビックリだったのかな。でも日頃の頑張りの成果に決まってる!選ばれて良かった。おめでとうございます♡

試合前インタビュー

記事では第4戦対ピストンズの試合前にあった吉本コーチのインタビューが一部紹介されてます↓

「これまでに、多くの人から学んできた」「マイク・フラテロから、ローレンス・フランク(ネッツ)やマイク・マローン(ナゲッツ)。2年前は大学でトム・クリーン(ジョージア大のコーチ)と一緒だった」

「Diversity 多様性は重要だ」「同時に自分自身がより良くなっていくことにフォーカスしている。最高のコーチになりたい。ティブスのようなコーチから学べてとてもラッキーだ。彼はリーグでベストのコーチだと思っている」と話した。

そして記者からの質問で

「ティボドーは(ティボドーコーチがいつもしてるみたいに)もっと怒鳴った方が良いって言ってますか」と聞かれヨシモトは

「”自分らしく”と言われてるだけ」

自分に自信を持ち、自分の言葉で話さなければなりません

 I have to be comfortable in my own skin and find my own voice.」と言った。

ってお話しでした!

この「もっと怒鳴った方が。。」って質問のエピソードは試合中も紹介されてて、放送中みんな笑ってました〜

まとめ

バーマンの記事はいつもニックスのファン目線で、取材もしてくれてるし、やっぱりイイなって思いました〜

ティブスのようにコートサイドで一度も座らずどなり続けるのは誰にでも出来ることじゃないだろうし、コーチの言う通りマネしたって仕方ない。

自分らしく」。それって選手もコーチも多分わたし達もみんな同じかな。コーチの言うことは「いつも人生の役にたつな〜」って思って聞いてるんだけど。いい大人の私なんかの役に立つんだから、コーチ陣の言葉は社会人になったばかりの選手たちにとって、ホントに人生をも左右する重みがありそうです!

これからも吉本コーチが頑張って、どんどん自身のスタイルが出来てくるのを楽しみにしてます!そしてそして。。ニックスの選手たちはステキなコーチ達に囲まれてラッキーだぞ〜!

吉本コーチ 試合後インタビュー 動画

サマーリーグは全試合分のYouTubeナイけど、堂々のインタビュー。動画あるだけ記念にリンク貼ります。こーやって人前に出て答えるのも仕事になってきますね。お疲れさまでした〜

Game 1

Game 2

↓他のコーチ達はこちら

↓もっとニックス!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました