[NBA] ニックスがドラフトで8位指名したオビ・トッピンって

NYK obi2 NBA

香港おうち満喫ライフ - にほんブログ村

ニックスからオビがチームに入ったよ〜‼ってメールもきて。。

NYK obiメール
NY Knicks メール

ウェルカム!ってことでオビ・トッピンについてまとめてみました。

オビ・トッピン プロフィール

Wikipediaを参考にしてます

オビ・トッピン Obadiah “Obi” Richard Toppin 

  • 1998年3月4日生まれ
  • ニューヨーク州 ブルックリン出身
  • 身長 6ft 8in  2.03 m
  • 体重 220 lb  100 kg
  • NBAドラフト 2020年 1巡目8位 ニックス指名

注)身長は6ft 9inという資料もあります

キャリア

高校

  • ヘリテイジ高校 Heritage (Palm Bay, Florida)
  • メルボルン・セントラル・カソリック高校 Melbourne Central Catholic (Melbourne, Florida)
  • オシニング高校 Ossining (Ossining, New York)

マウント・ザイオン・プレップ Mt. Zion Prep (Baltimore, Maryland)

大学

  • デイトン大学 University of Dayton(2018-2020)

注)デイトン大学は2017年入学だけど、レッドシャツでこのシーズンは試合に出なかった

NBA

  • ニューヨーク・ニックス 2020年〜

キャリアハイライト

  • 2020年 ネイスミス賞
  • 2020年 NCAAオールアメリカ
  • 2020年 カール・マローン賞
  • 2019年 オールアトランティックファーストチーム
  • 2020年 オールアトランティックファーストチーム
  • 2019年 アトランティック10ルーキーオブザイヤー

↓Wikipediaにはないけどほかにもいろいろ

  • Oscar Robertson Trophy
  • National Player of the Year award
  • John R. Wooden Award 

スタッツ

[2019−20シーズン 31試合平均]

  • 得点  20.0点
  • リバウンド  7.5本
  • アシスト  2.2本  
  • フィールドゴール成功率 63.3%
  • 3ポイント成功率  39.0%
  • フリースロー成功率  70.2%

大学2年間で試合中190回ダンクしてデイトン大学の記録作ったって。Dayton Daily Newsより

得点能力がすごいけど、ディフェンスが今後の課題だそう。選手としてディフェンスがちょっと。。って本人も言ってるけど、そこはティボドーHCにおまかせで!

NBAまでの道のり

ニューヨークポストのOnce an afterthought, Obi Toppin turned Dayton into NCAA title threatDayton Daily Newsを参考にしてます

お母さんの名前はロニ・トッピン Roni Toppin。

お父さんの名前はオバデヤ・トッピン Obadiah Toppin Sr.。ダンカーズディライトって呼ばれたニューヨークのストリートバスケのレジェンド。

オビは小さい時から、お父さんがバスケするのを見て自分もバスケが大好きになりました。お父さんがダンクするのを見て、自分もできるようになってからはいつも真似して遊んでいたそう。

高校3年生からすごく身長が伸びてバスケで活躍するようになったけど、NCAAのディビジョン1の大学からは奨学金のオファーがぜんぜんなくて、ジュニアカレッジに行く予定にしてた。そんなとき、昔お父さんといっしょにバスケをしてたビクター・モナロス Victor Monarosがオビの才能にひかれて、マウント・ザイオン・プレップ(スポーツアカデミー)という学校に奨学金で行けるように機会を作ってくれました。

オビは高校から大学1年までの間にに8インチ≒20cmも身長が伸びたそうで、そこから大活躍がはじまったからシンデレラボーイと呼ばれることも。

このプレップスクールでの活躍でジョージア大学から奨学金のオファーをもらったオビは喜んで行こうと思ったけど、その後ジョージタウン大学やイリノイ大学、ミシシッピ州立大学からもどんどんオファーが来て、結局デイトン大学に行くことにしました。この時は将来NBAなんてまだ想像もしてない頃だった。

それからの大学での活躍はプロフィールにある通り。

そして2020年11月18日にニックスに1巡目8位で指名されました。

オビ以前にデイトンでNBAドラフトの1巡目に指名されたのは1979年のジム・パクソンJim Paxson (12位)まで遡るそう。

他の選手に例えるなら。。

オビのプレイを見た人たちの口から出た名前を見ると、彼がどんなタイプの選手なのか想像しやすいかも。私が読んだ記事いろいろで見かけた名前は

  • アマレ・スタウダマイアー
  • ケニオン・マーティン
  • スコッティ・ピッペン
  • ショーン・マリオン

こんなかんじ

性格が明るくてフレンドリー

2017年、オビはレッドシャツ=練習生(試合に出れない)だったけど、Dr. George Rau Spirit Awardを獲得しました。この賞は一年間、本当のチームスピリットを持ってた人に送られる賞。試合に出なかった人が獲得したのはオビがはじめてだそう。彼は小さい頃から通りすがる人みんなと友達になりたくて、笑顔で手をふったりして振る舞ってたってお母さんが言ってます。みんなオビと一緒にいるのが楽しくて大好きなんだって。オビ自身もみんなが笑ってるのが好きと言ってるし、監督もオビはいつもチームのことばかりを考えてるって言ってます。 

まとめ

世の中にいい選手はたくさんいるけれど。。ニックスの問題はいつも彼らが「ニューヨーク」で力を発揮してやっていけるのかってこと。

↓Booからはじまった人もいるし。でも今回みたいにドラフトの時観客いないのもだいぶ寂しい

今回まとめてて、わたしとしてはオビはなんか大丈夫そう!って気がしました。まず22歳とちょっと大人。ドラフトの時にはこれをネガティブに捉える声もあったようだけど、ニューヨークでやっていくにはいろいろな経験が多い方がアドバンテージになりそう。

そして誰とでも仲良くなれる明るい性格(これはどこに行っても大切だけど)。ニューヨークではメディアがいちいちだし。ファンもいちいちだし。あちこちでいろいろ言われても、明るくてポジティブな人はストレス減りそう。出身もニューヨークだし、オシニング高校もウエストチェスター(ニックスのジムがあるところ)だから、新しい環境にも馴染みやすいでしょう。

ニックス関連の番組では「彼は遅咲きの苦労人。努力家でこれからも頑張れる!」みたいな評価を聞きました。

オビ・トッピン、

“I came from the bottom,”  底辺からココまで来た

って言ってます。

MSGの「自分の写真」の前で「写真」撮るってサイコーだろうね。がんばれ〜!

↓25位は彼!

↓3年目、ミッチも頑張ってる!

オビ・トッピン ハイライト(動画)

↓オビ・トッピン ハイライト

Most EXPLOSIVE Player in College Basketball 💥 || Dayton PF Obi Toppin Highlights ᴴᴰ

↓ニックス2020-21プレシーズン第1試合

↓もっとニックス‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました