[ABRSM 英国王立音楽検定⑤]ディプロマ

ABRSM logo ABRSM 英国王立音楽検定

香港おうち満喫ライフ - にほんブログ村

芸術のレベルを形や数字にするって難しい。でも長年楽器を続けてきて、世界的に信用されてる資格や証明書があればな〜、と思う方もいらっしゃるかもしれません。ABRSM 英国王立音楽検定はそんな方のニーズにも答えてくれるのでは、と思います。

こちらでどんな試験なのか簡単にまとめてみましたが。。

日本で音大卒または音大レベルの方の場合。難易度的にグレード8より、もっと上にチャレンジできる方も多いと思います。

そんなときはディプロマがありますが、このディプロマもレベルが分かれてます。

おおまかな仕組みをまとめてみました。

記事下のある「ディプロマのシラバスをダウンロード」のシラバスを参考にしています

ABRSM 英国王立音楽検定 ディプロマ

以下のディプロマのカテゴリーが用意されてます。

  • Performance-only(演奏のみ)
  • Music Performance(演奏)
  • Music Direction (指揮)
  • Instrumental/Vocal Teaching (先生)

この中から、今回はPerformance-onlyMusic Performance「演奏」ディプロマについてまとめます。

グレード8の上のレベルとして以下の4種類のディプロマがあります。

  • ARSM 
  • Dip ABRSM 
  • LRSM 
  • FRSM 

ARSM

Associate of the Royal Schools of Music

受験には事前にグレード8の取得が必要です。

2017年からグレード8とDipABRSM をつなぐ目的でスタートした試験。初見やオーラルなどの課目はなく、リサイタル形式の演奏をする試験のみ。年齢制限なし。

Dip ABRSM

Diploma of The Associated Board of the Royal Schools of Music 

受験には事前にグレード8の取得が必要です。

試験

セクション1. リサイタル 

   リサイタル形式で35分(±10%)演奏

セクション2-1. Viva Voce

   リサイタルで演奏した曲のプログラムノートを提出する。それをもとにディスカッション。12分くらい。

セクション2-2. Quick Study

   グレード6レベルの曲の初見演奏

LRSM

Licentiate of the Royal Schools of Music

受験には事前にDip ABRSMの取得が必要です。

試験

セクション1. リサイタル

   リサイタル形式で40分(±10%)演奏 

セクション2-1. Viva Voce

   リサイタルで演奏した曲のプログラムノートを提出する。それをもとにディスカッション。15分くらい。

セクション2-2. Quick Study

   グレード7レベルの曲の初見演奏

FRSM

Fellowship of the Royal Schools of Music

受験には事前にLRSMの取得が必要です。

試験

セクション1. リサイタル

   リサイタル形式で50分(±10%)演奏

セクション2-1. Viva Voce

   事前にABRSMに提出した、プログラムノートより深い内容の書類をもとにディスカッション。20分くらい。

セクション2-2. Quick Study

   グレード8レベルの曲の初見演奏

ディプロマのシラバスをダウンロード

↓以下からそれぞれシラバスだけをダウンロードできます。今回の記事はこちらのシラバスを参考にしています。

 ARSMシラバス

 Dip ABRSM、LRSM、FRSMのシラバス

↓ホームページからは以下の順番でディプロマのページにアクセスできます。

ABRSMホーム → Our Exams → Our Syllabuses → Advanced exams: Diplomas

「Our Syllabuses」で全楽器のリストの下にディプロマのセクションがあります。けっこう下の方です。こんな絵が出てきます↓

ABRSM diploma
写真:ABRSM Our Syllabusより

青字の「Advanced exams: Diplomas」をクリックしても良いし、それぞれのレベルを直接クリックしてもOKです。常に最新のシラバスと、説明なども見ることができます。

ABRSMホームページ

香港のページですが、自分の国に変更して見ることができます

コメント

タイトルとURLをコピーしました