防疫措置延長・日本領事館からのお知らせメールとワクチン接種状況

ピークトラム8 コロナ・デモ・日本領事館からのお知らせ

香港おうち満喫ライフ - にほんブログ村

緩和に向かいつつある防疫措置ですが、2週間延長されました。スポーツ施設やエステ、マッサージ、テーマパークも再開してお出かけできるところが増えてきました!

日本領事館からのお知らせメール

3月3日、香港政府は、同日に期限を迎える現在実施中の各種防疫措置について、3月17日(水)まで14日間延長する旨発表したところ、お知らせします。

(香港政府プレスリリース)

https://www.info.gov.hk/gia/general/202103/03/P2021030300045.htm

(参考:香港・マカオの現在の主な措置は以下のとおりです。ただし、各措置の期限は今後の状況によって変更される可能性があります。)

○防疫関係(香港)

1 レストラン等飲食店:午後10時~午前5時の店内飲食禁止。1卓4名まで。バーは営業停止。【 ~3月17日(水)】

2 スポーツ施設(室内外)、ジム、エステ・ネイルサロン、マッサージ店 、娯楽施設(劇場、テーマパーク、博物館、展覧会場、映画館等)、遊技場(ビリヤード場、ボーリング場、スケート場)、ゲームセンター:条件付きで営業【 ~3月17日(水)】

 サウナ、パーティールーム、ナイトクラブ、カラオケ、麻雀店、プール:営業停止。【~通知があるまでの期間】

3 マスク着用義務:屋内外公共場所、交通機関【~3月17日(水)】

4 集団制限:公共の場所で4人まで【~3月17日(水)】

○出入境関係

1 海外から香港へ入境:香港居民(香港IDもしくは査証保有者)のみ入境可。ただし、入境後21日間の強制検疫。【~9月30日(木)】

2 中国本土、マカオ、台湾から香港への入境:香港居民、非香港居民ともに入境可。ただし、入境前21日間連続して中国本土、マカオ、台湾に滞在する場合は入境後14日間の強制検疫。21日間にこれら以外の外国・地域に2時間以上滞在歴のある場合は21日間の強制検疫を受ける。

なお、香港居民については、過去14日以内に香港、広東省、マカオ以外の滞在歴がなく、事前の申請や核酸検査陰性証明の取得等の手続きを実施した場合は、入境後14日間の強制検疫が免除となる「Return2hk」スキームを利用することができる。

(「Return2hk」)

https://www.coronavirus.gov.hk/eng/return2hk-scheme.html 【~9月30日(木)】

3 マカオへの入境:マカオ居民(マカオID所持者のみ)、事前に免除許可を得た上で、連続して21日以上中国本土に滞在した後中国本土からマカオに入境するブルーカード保持者等の外国人及び香港永久ID保持者のみ入境可。ただし、入境後21日間の医学観察と事前の核酸検査陰性証明の取得が必要。【無期限】

4 香港国際空港は、同一航空券での搭乗に限りトランジット可。ただし、中国本土行きのトランジットは不可。マカオ国際空港はトランジットサービス停止。【無期限】

在香港日本国総領事館 新型コロナ(その94:香港の防疫措置の期限延長)

最近のコロナ感染者の状況

コロナ3月3日
news.gov.hk

夕飯の外食も夜10時まで出来るようになって、集団制限も4人に緩和されたけど感染者の数は今のところコントロールされてるようです。

ワクチン接種スタート

サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、3月3日に香港で1回目のシノバック社(科興控股:中国)のワクチン接種をした人は約11700人。4300人がコミュニティワクチンセンターで、6900人がプライベートクリニックで接種したそう。慢性疾患のある63歳男性がワクチン接種の2日後に亡くなったことで、3日の予約をキャンセルした人が相次いだと報告があります。又政府のワクチンセンターでは、持病のある67人に接種前に病院で診察してもらうようアドバイスしたそうです。

↓前回の記事でワクチンのホームページ、予約ページを紹介しましたが、

↓今はどの会社のワクチンが接触したいか選べるようになってます。

コロナ3月3日ワクチン

どちらの会社を選んでも、どんな人がワクチンを接種するべきでないかなどの注意事項が書いてあります。接種前によく読んで、必要な場合はEnquireから問い合わせたり、アドバイスをもらうのが良いですね。

↓コロナ関連の記事はこちら

↓もっと香港!

コメント

タイトルとURLをコピーしました