[ABRSM 英国王立音楽検定③] 最新じゃない課題曲で受験・シラバスについて

ABRSM logo ABRSM 英国王立音楽検定

香港おうち満喫ライフ - にほんブログ村

この間の記事で課題曲のチェックの仕方とか書いたので、もう少し課題曲について書いてみようと思います。(ピアノでの受験を例に書いてます)

Syllabus overlap シラバスの重複

ピアノの最新のシラバスは2021&2022ですが、2019 & 2020のシラバスと重複して使える期間があります。

abrsm syllabus 22
写真:ABRSM Piano Syllabus 2021 & 2022

↓「ピアノシラバス2021 & 2022 」の8ページ「Syllabus overlap オーバーラップ」のセクションに書いてあります シラバスは引用のリンクからダウンロードできます。

Piano candidates worldwide may play their three pieces and scales from the 2019 & 2020 Piano syllabus until 31 December 2021. All pieces and scales must be from the same syllabus – candidates may not present a mixture from old and new syllabuses.

Piano Syllabus 2021 & 2022

これによると。。

この「Syllabus overlap」というシステムで、「ピアノシラバス2019 & 2020」の課題曲を2021年の12月31日まで弾くことができます。

一つ前のシラバスで受験する場合、課題曲、スケール、全て一つ前のシラバスで統一すること。新旧両方のシラバスを混ぜた選曲はできません。

一つ前のシラバスで受験する理由

どんな時に前のシラバスで受験するのでしょうか。

受験したけど、落ちちゃった

残念ながら合格できなかった場合。準備の時間があまり無いなどの理由で、すぐ次の試験に同じ曲でチャレンジしたい人もいると思います。その場合、オーバーラップの期間内なら同じ曲で再受験可能です。

課題曲が自分に合ってる

最新のシラバスの課題曲より、一つ前のシラバスの課題曲の方が好き。自分に合ってる。以前習った曲がリストにあって自信もって弾けそう。そんな人は、オーバーラップ期間内に十分な準備の時間があると思えれば、前のシラバスで受験も可能です。

まとめ

実技試験は理論グレード5に合格していれば、どのグレードからでも受験できます。

↓詳しくは

もし今回の試験に合格できなかった場合、同じグレードを受験の必要はありません。しばらく待って(練習して?)上のレベルを受験することもできます。

逆に進路や就職の都合で「来年の8月までにグレード8に合格したい!」などの明確なスケジュールがわかっている場合。合格できなかった時のことも想定して、準備期間があまり無ければ次の試験も同じシラバス(同じ曲)になるよう、申し込みや試験の時期を検討してから準備するのもアイデアです。

再受験の際、課題曲を変えたければもちろん変えることもできますが「シラバスの新旧混ぜて曲を選ぶことはできない」という点だけ注意が必要です。

自分がどういった目的で試験を受けるのかをはっきりさせると、どのグレードを受験するのか、どのシラバスがいいのか、選びやすくなると思います。

シラバスをダウンロード

↓こちらは全ての科目とグレードのシラバスのリスト。「Our Syllabuses」というページ。あらゆる楽器の他、歌、ディプロマまですべてリストされてます。

↓少し下にスクロールすると、こんなかんじで楽器の絵が並んでるページです。管楽器、木管楽器、ハープに理論、弦楽器。これはほんの一部です。好きな楽器とグレードを探して選べばシラバスが見れます

ABRSMsylabus表紙
写真:ABRSM Our Syllabuses

↓トップページからはこのように開けます

ABRSM → Our Exams → Our Syllabuses

コメント

タイトルとURLをコピーしました