[NBA] ニックス プレイオフ2021 プレビュー・どうする?ホークス対策‼

NYKプレイオフ前表紙 NBA

香港おうち満喫ライフ - にほんブログ村

ニックスのホーム放送局MSG Networkは「試合前と後に番組拡大して頑張る」って盛り上がってます〜!で、1回戦が始まる前に「プレイオフ プレビュー」という番組をやってたので、まとめてみます。この番組をMSGNetworkのサイトがトピックごとに分割してアップしてるので、ビデオごとに内容を見ていきたいと思います。

MSG プレイオフプレビュー

イントロダクション

MSGプレビュービデオ→HOW DO KNICKS MATCH-UP VS ATLANTA HAWKS

このビデオは番組紹介。私も登場人物を紹介します〜!MSGポストゲームショーでお馴染みのみなさん。

↓ウォーリー・ザービアックとビル・ピド

NYKプレイオフ前ウォーリー
MSGNetwork

↓モニカ・マクナットとアラン・ハーン

NYKプレイオフ前アラン
MSGNetwork

ディフェンスの課題はトレイ・ヤングとクリント・カペラのハイ・ピックアンドロールを止めること!って力入ってる〜

どうやってカペラを止めるのか

MSGプレビュービデオ→HOW THE KNICKS CAN STOP CLINT CAPELA IN PLAYOFFS

「どうやってカペラを止めるのか」というタイトルで以下の内容について話してます

↓まずはホークスのリーダーたち 3月1日にネイト・マクミランHCになってから27勝11敗。

NYKプレイオフ前1
MSGNetwork

↓カペラ。ニックスと3試合して17.3得点(FG69%)、17.3リバウンド

NYKプレイオフ前5
MSGNetwork

ニックス対ホークス第60戦では25得点、22リバウンドを記録。ビデオにはカペラにやられっぱなしのシーンが満載〜涙

ビデオの2分20秒頃からウォーリーが次の3つのプレーの解説をしてます

1.カペラを止める

  • まずは体をカペラから離さない
  • ヤングがパスを出しにくくする

↓そしてこのシーン。「ノエルとカペラが真横になってるからここまではOK。ペイトンがヤングを追いかけてるかんじもイイ」ってウォーリー。

NYKプレイオフ前9
MSGNetwork

「ヤングにDに行ったノエルが、カペラに抜かれてしまった。ノエルはカペラの真横かカペラよりゴールの近くに居ること」

NYKプレイオフ前8
MSGNetwork

ってお話だけど、超ハイピックから高速で降りてくる二人を止めるのは難しい〜

2.ヤングを止める

カペラのスクリーンが3点ラインより上だったらDはスクリーンの下をくぐってマークを変えない。もしスクリーンが3点ラインのところだったらギャップやスペースを使ったスリーのチャンスを潰すため、ファイトオーバーしてビッグ(タージとか)のヘルプに頼ること。

3.ホークスのランドル対策

これまでコリンズがランドルを1対1で抑えることが出来なかったけど、プレイオフではレギュラーシーズンのような甘いディフェンスは期待できないだろう。ランドルが2〜3回ドリブルをついた後にダブル、又はトリプルチームが来る可能性あり。その場合はパスを出す準備を!

というお話でした〜

ニックスとホークス、どちらのベンチのインパクトが強いか

MSGプレイオフプレビュービデオ→WILL KNICKS’ OR HAWKS’ BENCH HAVE BIGGER IMPACT?

両チームともベンチ層が厚いので、ベンチの活躍が勝敗に大きな影響を与えるというお話。

↓ホークスベンチ。ガロ(ガリナリ)とルーはベテランだし強敵

NYKプレイオフ前2
MSGNetwork

↓ニックスベンチ。スタメンはディフェンス重視だけど、ベンチは得点できる!って。

NYKプレイオフ前4
MSGNetwork

クイックリーは対ホークス3試合で17.3得点(FG52%)、10/17 3pt

NYKプレイオフ前3
MSGNetwork

「ルーキーだから準備が足りない」とか考えず、場の空気に呑まれないで自分のプレーをすること!って期待高まってる〜

ニックスのXファクターは誰?

MSGプレイオフプレビュービデオ→WHO IS KNICKS X-FACTOR VS HAWKS

勝つための決めてになるのは、誰なのか!について話してます。

↓プレイオフ経験者。どちらのチームにもスタメンのキープレーヤー(カペラは別として)のヤング、コリンズ、ランドル、バレットなどが入ってない。でも経験者になるには最初の試合に出ること!って言ってますこれはコーチも言ってた〜まずは参加!

NYKローズシックスマン
MSGNetwork

そしてランドルとヤングについて話してます。

ランドル 対ホークスでは絶好調。3試合で37.3得点、12.3リバウンド、6.7アシスト

NYKプレイオフ前7
MSGNetwork

ホークスはランドル対策として、「ランドルがパスを出して外からスリーを決められるのを嫌がってる。レギュラーシーズンでもあまりダブルチームをしてこなかったけど、プレイオフでもその作戦は続くかも。コリンズが上手くマッチアップできなかったから、ベテランのソロモン・ヒルをつけるかも」って。

ヤング ニックスとの3試合で24.7得点(FG36%)、12アシスト

NYKプレイオフ前6
MSGNetwork

ファールをもらうのが上手い。けどシュート決定率が36%とあまり良くないから、フリースローをさせないこと、って言ってる。サイズのあるペイトン、ブロック、ニリキナなどでディフェンスしてシュートを難しくして、ファールはしないようにって言ってます。

MSGプレイオフプレビュービデオ→COULD RJ BARRETT BE KNICKS X-FACTOR VS HAWKS? 重複してる部分があるけど、続きのビデオ。

Xファクターは誰かって話で。。

やっぱり経験者のローズ!とかヤングを止めるのにニリキナだ!とかバレットは自分の思い通りにならない時もがっかりせず、クールでカームでプレイオフにはピッタリ。ナーバスにならないし、平均21得点と静かにホークスをドミネートしてる。やっぱりバレットだ!なんて盛り上がって番組は終わりました〜

まとめ

今回のプレビューでは、ヤングとカペラのP&Rを止める。ベンチが活躍する。ヤングにフリースローさせない。って内容だけど。。言うのは簡単、実際は大変そう〜!

でもコーチがホークス対策で2冊も教科書みたいな本くれたわけだし、大丈夫!

お互いを信じて、今こそビッグ15!

↓もっとニックス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました