[NBA] ニックス 2021-22 第40戦vsセルティックス

NYK21gm40−3 NBA

香港おうち満喫ライフ - にほんブログ村

前回に続き、今日もセルティックスとの試合!でも場所はボストン。TDガーデンで勝つのは楽じゃないぞ〜!

スタメン

バークス、クイックリー、バレット、ランドル、ロビンソン

セルティックス相手だと、ど〜〜しても活躍してしまうフォーニエは左の太腿が痛いって(contused left thigh)お休みです〜!by Knicks PR え〜!Next Man Up!!!

スタッツ 対セルティックス

セルティックス

NYK21gm40−2
ESPN

ニックス

NYK21gm40−1
ESPN

みんなのようす

ジェイレン・ブラウン(ボストンだけど):トリプルダブル 35分、22得点、11リバウンド、11アシスト

試合後にNBA Gametimeって番組で見てたらサム・ミッチェルが今日の試合について話してて「ディフェンスに囲まれたらフリーの人にパスを出すこと。続ければ、フリーになった自分に又ボールが戻ってきて簡単に得点できる。ブラウンは今日はそれが出来てた。シュートアテンプトは15本だが、それで十分」って言ってたの聞いて、ランドルと同じだな〜って思ったよね。囲まれた所から正しいパス出すって、皆なかなか苦労してるのね〜。頑張れランドル!←って結局ランドルの話しだ!

ランドル:37分、13得点(3pt 1-8!)、12リバウンド、6アシスト、6ターンオーバー。ターンオーバーが多くて残念〜

前の試合のサムズダウンについてはリーグから25000ドルの罰金。コーチは「誰でも上手くいかない時がある。エモーショナルな試合だったし、誰も完璧ではない。みんな後悔することを言ってしまう事がある。続けて同じことをしないように。」ってコメントしてたけど。

大変なときは仲間と一緒に頑張ってね〜。皆戻ってリズムできれば、スリーもそのうち入ると思うよ!ランドルの活躍が必要です〜

エマニュエル・クイックリー

37分、18得点、1リバウンド、4アシスト、0ターンオーバー。

「スピードとシュート力を期待」ってジョニー・ブライアントコーチが言ってたよ〜!今季クイックのターンオーバーの少なさはずっと指摘されてるけど。今日シーズン2回目のスタメンで37分間、ターンオーバーゼロはスゴイってメディアやMSGポストゲームショーでも褒められてる!

試合後インタビューで「コーチと1対1で試合をコントロールすることについて教わった。ディフェンス、オフェンスに関わらず、みんながいつフロアのどこにいるべきか指揮する事を心がけている。今日のような試合からは学ぶことが多い。自分はまだ完璧じゃないけど、そうなりたいと思ってる。次の試合ではもっと上手くできるだろう」って言ってたけど。楽しみ〜!期待してるからね〜

デリック・ローズ 

New York Post:Knicks’ Derrick Rose set to begin rehab work on ankle

12月22日に右足首を手術したローズ。「これまで杖が必要でチームにはジョインしていなかったけど、タリータウンのニックス練習施設に来てフィジオセラピーを始めた」ってニュースが出てます〜!コーチは「全ては順調。戻れる状態になれば戻ってくる」って。ローズは昨シーズン第26戦対ヒートでニックスに来てくれたんだよね〜。

早くまたあのアートなプレーが見たいな〜!ローズが戻るまでにみんな頑張って成長しておきます!しっかり治してね〜

ティボドーHC試合後インタビュー

Tom Thibodeau | Knicks Post-Game (01/08/22)

「前半はプレーの読みが正しく出来ていたが、後半それをせずにディフェンスのいる所でシュートを打っていた。そういうやり方ではだめ。3Qの最初数分でやられてしまった」

今日スタメンだったクイックの働きについて→ 「非常に良かった。特に前半はプレーの組み立てが様になっていた。後半はもっと自分自身でゲームをコントロールしてほしい。今後出来るようになるだろう」

ランドルについて→ 「ランドルに対するディフェンスが厳しかったが、予想していたこと。ディフェンスが縮まった時に外にパスを出すという良いプレーは出来ていたし、そこからフリーでスリーを打つチャンスを作れていた事は何度もあった。ただ、特にアウェイでは48分間プレーし続けなければならないが、皆そこができていなかった」

フリースローも入らず、全体の得点が75点とロースコアだったが、オフェンスはどうなっているのか→ 「中にドライブしていった時にサイズのあるディフェンスが居たらパスを出すこと。お互いを信頼しあってプレーを作ること。無理をしても上手くいかない」

フォーニエが居なかった事について→ 「彼は素晴らしいベテランプレーヤーで、シュートが入らないときでもディフェンスの注意を引いてフロアにスペースを作ってくれる大切な存在。ただし、彼が居なくても全員が正しいプレーをすれば十分勝てる力がある。勝つ方法を見つけること」

ってお話です!

まとめ

結局ボストンもニックスもこの試合を終えて19勝21敗同士。今シーズンのマッチは2勝2敗のタイで終了です〜。

ニックス今日はシーズンローの75点。ボストンを100点以下に抑えたけど、自分たちの得点がこれでは。。

↓今日のニックス

  • フィールドゴール:29−79 36.7% ‥‥‥
  • フリースロー:6−15 40% ひ〜っ!
  • ターンオーバー:14
  • ペイントの得点:24点 セルツ42点
  • ベンチの得点:6点←寂 セルツ33点

今回のニックスはボストンに来てから練習も、試合前のシュートアラウンドも全てキャンセルしてコロナに感染しないように対策してたんだって。前はトロントに行ってからみんなコロナプロトコルになっちゃったもんね 練習好きのみんなが練習できなくて可哀想‼でもでも、言い訳はしないから。

クイックだって次はもっと上手くできるって言ってるし!コーチだって今のロスターで十分勝てるって言ってるし!

常にNext Man Up! 48分間!チャンスをもらった人はチャンスなんだからチャンス生かして活躍を〜! 次頑張るぞ〜!

↓もっとニックス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました